日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(95)
元気系(4)
恋愛系(25)
子育て系(1)
自慢系(2)
グチ系(2)
オシゴト系(1)
映画系(9)
音楽系(1)
スポーツ系(2)
今日の一句系(2)
ポエマー系(14)
小説系(348)
秘密系(8)
社会派系(65)
不幸系(19)
オトナ系(8)
今日の日...
悪のりし...
ルパン三...
初めて、...
或種の、...
葵ちゃん...
【小さな...
日常の中...
『山本五...
『老将軍...
天動説的...
どこか、...
葵ちゃん...
『月の名...
『如月の...
『睦月の...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 齊木魯烏(チム・ルウ)さんの日記「「宛先のない・私信」  【映画】 ファイブ・バトンズ」
齊木魯烏(チム・ルウ)
齊木魯烏(チム・ルウ)とりあえず系元気系恋愛系子育て系自慢系グチ系オシゴト系
映画系音楽系スポーツ系今日の一句系ポエマー系小説系秘密系
社会派系不幸系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆62才 1955(昭和30)年7月24日(獅子座) A型 広島在住 アジア(海外)勤務 広島市近辺出身 専門職 文系大学卒 年収 800万円以上 不定期休み 一人暮らし 独身 ◆離婚×1 ◆子供3人 車有り お酒を飲める ◆/細身体型 / 黒髪 黒目 グレー肌 ギャンブルしない
◆趣味・興味: 映画/ビデオ, 酒/ワイン, 博物館, 美術館, 猫系
作家QRコード
作家QR
 コード 
■□■いつか、 …
きっと、 …
、 、 でも、
 
2017年11月
   1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  

→最初の日記
→全部で606日記

「宛先のない・私信」  【映画】 ファイブ・バトンズ
■ 映画セブン』の犯人役の俳優さんは、【ケビン・スペーシー】です。
当時まだ、殆ど注目されていなくて、その後『交渉人・ネゴシエター』の主役に抜擢されます。

■「五つのバトン」
(受け取ってない、けど・・・苦笑)
◆最近思う『映画
 横浜の「今村昌平・映画専門学校」に潜り生徒(授業料払わないで、勝手に受講してた。悪友が生徒だったので。一年半、通ったけど、一度も『学生証』の提示を求められなかった。)だった頃、淀川長治先生が「映画」を定義されて、こう、おっしゃった。
映画とは、誰かが・何かを、した。もしくは・何かを、しようと・した物語だ。でも、その映画で、誰かが・何かを、しよう、もしくは・しなくてはならない、と思えないならその映画は作品的な価値がない。ヒトへの生きる応援歌でない映画は、映画たりえない。チャップリンの映画観て自殺したヒトは、いない。どんなに悲しい結末でも。何故ならチャップリンは誰より「人間」の哀しみと滑稽さと愛おしさと、知り抜いていたから。」

「最近の映画」は、誰かの『応援歌』たりえて・いる、だろうか?

◆この『映画』には感動!!!!
  ボクは「泣き上戸」だ。
映画を観る前から、ビール付きのブランチを喰って映画館に入る不謹慎者だ。ズボンのポケットに忍ばせた大きなフラスコには「ジャック・ダニエル」が隠されている。ちびちび・やる。
だから、どんな映画でも、「泣く」。嬉しくて泣き、切なくて泣き、悔しくて泣く
だから、いつも『ひとり』で・観る。だって誰だって「酔っぱらい」(しかも年甲斐もなく号泣するヤツ)と映画を観るのは興ざめだもの・・・・
最近「観て」泣いた映画

母なる証明』韓国映画。ボン・ジュノ監督、主演の「母」役の、キヘ・ヘジャが、凄い!

『戦場のワルツ』アニメ・ドキュメント作品。『おくりびと』とオスカーを争った作品。レバノン侵攻のイスラエル軍兵士の物語。これは【実写】以上の感動だった。

オーシャンズ』四時間に及ぶ長編。全編「海」の驚異。スケールも、多様な生命も、「驚き」の連続。自分の存在と生命を育んだ「海」の大きさに、打たれる。

『インビクタス・負けざる者たち』(1月26日試写会にて。劇場公開は2月5日から)
クリント・イーストウッドは嫌いだ!『ミリオンダラー・ベイビー』では、ほんとうに「怒った」!
なんで「彼女」があんな目にっっ!!!と、悔しくて泣きじゃくった。
モーガン・フリーマンも嫌いだ。『ミリオンダラー・ベイビー』でも、『ショーシャンクの空の下』でも、『セブン』でも、「嫌い」だった・・・・・・だから、絶対絶対【泣くもんかっ!】と力んで観たのに、、、、、
やっぱり、実話は・だめだ。ネルソン・マンデラ大統領が脳裏にチラチラして、負けちゃった。
抵抗むなしく・・・・、、、、号泣。。。。。

だから、ボクに「感動した映画を・聞かないで、、、、、。


◆直感的『映画

絶対「ひとり」で観るもの。でも、好きなヒトの存在を「痛い」程・思う、もの。
一緒に「みたい」けど、・・・・恥ずかしいし、泣けないとストレス溜まるし、、、、。
孤独】と【共感】のツィスター。ひとり・だけど、一緒に感動したい・もの。

◆好きな『映画

ジャンルなし。
『風と共に去りぬ』『昼下がりの情事』『ナチョラル・ボーンキラーズ』『スワローテール』『男と女』『アラビアのロレンス』『フィールド・オブ・ドリーム』『モロッコ』『レオン』『私の頭の中の消しゴム』『もものけ姫』『グリーン・デステニー』『我等生涯で最良の年』『野の百合』『ライム・ライト』『カサブランカ』『イングリッシュ・ペイシェント』『喝采』『ピアノ・レッスン』『七人の侍』『インタヴユー・ウィズ・バンパイヤー』『ファイト・クラブ』『スペース・トラベラーズ』『勝手にしやがれ』『THE有頂天ホテル』・・・・切りがないヨ、、、。

◆こんな『映画』は嫌いだ!

アンデー・ウオーホール監督『スリープ
池袋文芸地下で、観た。オールナイトで、23時開演、翌7時終了の8時間作品。
「鬼才アンデー・ウオーホールのアンチネオ・リアリズムの衝撃的作品!」で、観た。
・・・・怒った!!
物語は、、、ひとりの男・パジャマ姿で、登場。目覚ましをかける。
ベットに入る。・・・・・寝入る、、、、、、寝ている、、、、、寝ている、、、、、ただ、寝て・いる。
一時間後、、、、、寝ている。
二時間後、、、、、寝てやがる。、、、、(ざわめき始める観客)
三時間後、、、、、「起きろっ!!」(叫ぶ観客!怒号の嵐)、、、、でも、寝てる・・・・・
四時間後、、、、、もう、終電もない、、、、諦めて、眠り始める観客、、、、、
五時間後、、、、、スクリーンの男も「眠り」、観客も「寝る」しかない、、、、

突然、けたたましい「ベル」の音!!!
「なんだっ!火事か」と、たたき起こされる観客!!
スクリーンの男、やにわに起きあがり「目覚まし時計」のベルを、止める。
・・・・・「エンド」マーク、、、、、明るくなる劇場・・・・・

二度」と観たくないっ映画だった。

こんな『映画』は大嫌い・っだ!!

◆『映画

淀川長治先生の定義
映画とは、誰かが・何かを、した。もしくは・何かを、しようと・した物語だ。でも、その映画で、誰かが・何かを、しよう、もしくは・しなくてはならない、と思えないならその映画は作品的な価値がない』
この定義に照らしてアンデー・ウオーホール監督『スリープ』を、再検証すると・・・・
確かにあの「映画」は、「男」が眠ろうとして、、、寝た。
観た者達も、その行為によって、、、眠った・・・・
というコトは、ちゃんと「映画」の『定義』が成立して・いる。

 そこで、やっと・気付くのだ。あれは、実は「映画」ではなくて、「舞台」だったのだ・・・と。つまり「演劇」だったのだ。
お分かり頂けるだろうか?
役者は『スリープ』を観にきたつもりの【観客】自身で、その様子(「戸惑い」「ざわめき」「だまされたコトに気づき」「騒ぎ」「罵詈雑言を浴びせ」「やがて諦めて眠り」「ベルに驚いて飛び起き」「二度と観るか!と、怒って帰る」)この一連の【ドラマ】を、『演じ』させられて・いる、のだ。、、、、、毎晩、毎晩、違うカモたちが・・・・・

では真実の「観客」は、誰か?・・・・間抜けなボク達を、あざ笑って「観て」いた人間は・いる、のか?
これが、いる・んだな、、、、、、たった「ひとり」だけ。
誰だと、思われます?

【映写技師】です・・・・・カレだけが【観客】なのです、この『映画』をみて騒擾する観客たちの一夜の「舞台」の、鑑賞者・なのです。

まったく、なんて「ひどい」映画・なんだろう!!
でも、もし、それを『楽しめる』なら、【二回目】の観客は、【映写技師】と同じく・この『映画』の(騙されている客の動揺を観察するという演劇の)、真の【観客】足り得るのだけど・・・・・・・・ボクは「二度」と【ゴメンだった】。。。。。。

 でも、【映画】は、面白いし、奥が深い・こと、だけは・確かだ、、、、、ヨネ。


■■■■■■■■■■

2010/1/29   22:16   アジア(海外)にて

映画系日記

つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています