日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(95)
元気系(4)
恋愛系(25)
子育て系(1)
自慢系(2)
グチ系(2)
オシゴト系(1)
映画系(9)
音楽系(1)
スポーツ系(2)
今日の一句系(2)
ポエマー系(14)
小説系(348)
秘密系(8)
社会派系(65)
不幸系(19)
オトナ系(8)
今日の日...
悪のりし...
ルパン三...
初めて、...
或種の、...
葵ちゃん...
【小さな...
日常の中...
『山本五...
『老将軍...
天動説的...
どこか、...
葵ちゃん...
『月の名...
『如月の...
『睦月の...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 齊木魯烏(チム・ルウ)さんの日記「【「朱夏」が・立つ、五つめの六つの・・・・そう、アナタの為に。】第二話」
齊木魯烏(チム・ルウ)
齊木魯烏(チム・ルウ)とりあえず系元気系恋愛系子育て系自慢系グチ系オシゴト系
映画系音楽系スポーツ系今日の一句系ポエマー系小説系秘密系
社会派系不幸系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆62才 1955(昭和30)年7月24日(獅子座) A型 広島在住 アジア(海外)勤務 広島市近辺出身 専門職 文系大学卒 年収 800万円以上 不定期休み 一人暮らし 独身 ◆離婚×1 ◆子供3人 車有り お酒を飲める ◆/細身体型 / 黒髪 黒目 グレー肌 ギャンブルしない
◆趣味・興味: 映画/ビデオ, 酒/ワイン, 博物館, 美術館, 猫系
作家QRコード
作家QR
 コード 
■□■いつか、 …
きっと、 …
、 、 でも、
 
2018年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    

→最初の日記
→全部で606日記

【「朱夏」が・立つ、五つめの六つの・・・・そう、アナタの為に。】第二話
【「朱夏」が・立つ、五つめの六つの・・・・そう、アナタの為に。】第二話
■『不幸』とは、つまるところ、何なの・だろう。Oトルストイは、「幸福な家庭は、みな・一様に幸福だが、不幸な家庭は、みな・それぞれに、違う形で「不幸」だ。」と記した。O『新約聖書』のイエスの受難や、『旧約聖書』の「ヨブ記」のヨブに対する神の試練を読むと、神の恩恵が、時として、「不幸」という形で具現する事があるのを、思い知らされる。『ヨハネによる福音書』や、『パウロによる福音書』の使徒たちの最期が、記されていない理由を、ご存じだろうか?O暴君ネロの時代、彼らは、他の信者達と共に、「生きたまま」、ライオンに喰われたり、簀巻きにされて、松明の代用として、燃やされた・のである。あまりに・悲惨で、使徒列伝の作者が、「真実」を・書けなかった、のだ。O私は、「師」について、書こうとしている。O師は、妻帯もせず、酒や煙草など、勿論たしなまず、人の為に昼食さえ取る事を忘れて、相談に乗り、深夜・ひとり、病気の信者達の為に・「お滝」を頂く・ひとだった。Oその、人にさえ、「不幸」は、襲いかかる、のだ。OO師のことは、以前書いた。が、私は、師の全てを表現出来るとは、思っていない。魚に雲が、鳥に星が、語れない・ように、私は、私との関わりでしか、師を語れない。O釈尊の阿難のように、イエスのペテロのように、鑑真の普照のように、師と共に生活を同じうした訳では、ないのだから。O私は、結局、仏門に入ら・なかった。父の遺志を継いで、神道・を選んだ。二十歳の夏・その事を、師に告げた。O師は、喜んでくれた。O師は、私を本堂に連れてゆき、本尊を背に端座して、聞いた。O「〇○(私の名)、『バルド・トドウル』は、読んだか。」O「はい」O「どうだった?」O 「{死 を学べ・死を学ばない者は、生・から、何も、学べないだろう。}は、真実だと、感じました。」O「メメント・モリ、は・どうか?」O「{死を・思え。死者を忘れるな。}・ですか?」O「そうだ、ヨハン・ホイジンガー・だ。」O「似て非なるもの・です。前者は・死・を現象として捉えていますが、後者は、・死・に拘泥しています。「死」は、越えるべきトンネルにすぎません。」O「うむ・」Oそこで、師は威儀を正したO「私の子、仏の子、お前に・はなむけ、の言葉をあげよう。」O私は、五体を投地(額・手の甲・肘・膝・を地に着ける作法)し、師の言葉を待った。師は本尊に向かって合掌し・回向文・を唱え、左手に数珠を持し、あの時のように「私の背を優しく撫でながら」・こう、言った。O「お前に、インドの古いことば、を持たす。それは、こうだ。・『お前が、生まれた・とき。お前自身は、泣き叫び、お前のまわりは、歓び・に溢れた。・・お前が、死ぬ・とき。お前自身の魂は、歓び・に溢れ、全世界は、悲しみ・に泣き叫ぶ。…かくのごとく、生き・よ。』」・O私は、それを刻んだ。O師は、私の背中を撫でる手を止めて、言ったO「しょうげん!ゆけっ!」・そして、私の背を強く・打った。Oしょうげん・は私の名の音読み、だった。O私の父は「英彦(ひでひこ)」といい、出家得度(在家得度だが、)して、師の偏諱(一字を貰う事・へんきをたまう・)を賜わって「照英」となるまでは、「えいげん」と呼ばれていた。つまり、得度まえの修行中は、名を音読して、仮の名と・するのだ。O師は、私を・一人の修行僧、と認めてくれた・のだO私が、頭を上げると、師はもう・そこに居なかったO本堂を抜け、庫裡に向かって歩きだしていた。O私は、師の後ろ姿に三禮し、立ち上がった。O山門を出る時、私はもう一度、振り返ったO蝉時雨が降り注ぎ、辺りは静寂で、本堂は、ユラユラと・揺れて見えた。oo今の仕事についてからも、師は何度も、私を訪れて・くれた。Oそのつど・私は、師の仏足を礼拝(徳の高い僧侶の足の甲に自分の額をつけて、拝む作法)しようと、するのだが、その度に師は、「しょうげん、みっともないから止めろ」とか、「テレ臭いから、やめてくれ」とか、私を制し外人のように、おおぎょうに肩をすくめて、見せたり・する。O私は、師と、私を拾ってくれた、今の宮司と、二人の「師」を・もっている。O人生で、一人の師に・巡り会えること、さえ・至難なのに、二人の師との結縁が叶った、希有な私・だから、こそ、次のコトバが、身に滲む・のだ。O「人生で、最も幸せなことは、ひと・に出会う・ことだ。そして、人生で、最も不幸なことは、そのひと・を失う・ことだ。」OO私の長男が事故で死に、別れた妻が心因性拒食症で、ものが、食べられなくなり、髪が抜け、精神が病むだ時、師は、丑三つ時(午前二時)に百滝の「行」を続けて、くれた。O一晩に百回、滝を頂く(浴びる)のだ。O私をそれを・後で、人から、聞いた。Oそんな師にも、「不幸」は襲いかかるO師は、柴燈護摩(さいとうごま・しばを積み重ね護摩木を焚いて、諸願を祈祷する)の最中に、倒れたのだO脳梗塞・だった。oo神は、時として、最も愛するものを、打つ・。Oその魂が、その「痛み」に耐えて、より・「清らか」と・なる・ために。oo日本に持戒をもたらした・鑑真は、その為に失明し、イエスは、十字架の上で、果てた。ペテロは、生きながら獅子に喰われ、パウロは、生きながら・松明のように燃やされた。oo私は、思うのだ。O「不幸」とは、つまるところ、神がその「魂」を浄化するために下す、めぐみ・なの、では、ないか・と。Oそうとでも、考えなくては、人生は、あまりに不条理に、満ちて・いる、から。OOきっと師は、言うに違いない。OO「しょうげん、こたえ・はかならず、いつか、ストン・と、落ちてくる。ただ、お前の「こころ」が、それを受け止める・準備が、出来ていない・だけだ。」・と。■


・・・・・・・結局、「ボク」には、【何も・出来ない】のだ・、と。、、、痛い・。思う、のだ、、。【あなた】が、、どんなに【誰か】に【必要と・されて】いるか、どんなに【神さま】に【愛(いと)おしま】れているか、、、【その貴女】が・【あるがまま】で【いきている】だけで・・、、という【何も】伝えられない・・・・・のだ。
いずれ【枯れて】しまう【花】でさえ、、、こんなに・・・・【美しい】というのに。。。。。。

2006/9/23   21:58   アジア(海外)にて

小説系日記

つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています