日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(95)
元気系(4)
恋愛系(25)
子育て系(1)
自慢系(2)
グチ系(2)
オシゴト系(1)
映画系(9)
音楽系(1)
スポーツ系(2)
今日の一句系(2)
ポエマー系(14)
小説系(348)
秘密系(8)
社会派系(65)
不幸系(19)
オトナ系(8)
今日の日...
悪のりし...
ルパン三...
初めて、...
或種の、...
葵ちゃん...
【小さな...
日常の中...
『山本五...
『老将軍...
天動説的...
どこか、...
葵ちゃん...
『月の名...
『如月の...
『睦月の...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 齊木魯烏(チム・ルウ)さんの日記「『阿修羅の・・・【鬨】(とき)』・・・・「【嗚咽】の後に、、」」
齊木魯烏(チム・ルウ)
齊木魯烏(チム・ルウ)とりあえず系元気系恋愛系子育て系自慢系グチ系オシゴト系
映画系音楽系スポーツ系今日の一句系ポエマー系小説系秘密系
社会派系不幸系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆62才 1955(昭和30)年7月24日(獅子座) A型 広島在住 アジア(海外)勤務 広島市近辺出身 専門職 文系大学卒 年収 800万円以上 不定期休み 一人暮らし 独身 ◆離婚×1 ◆子供3人 車有り お酒を飲める ◆/細身体型 / 黒髪 黒目 グレー肌 ギャンブルしない
◆趣味・興味: 映画/ビデオ, 酒/ワイン, 博物館, 美術館, 猫系
作家QRコード
作家QR
 コード 
■□■いつか、 …
きっと、 …
、 、 でも、
 
2017年9月
     1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
       

→最初の日記
→全部で606日記

『阿修羅の・・・【鬨】(とき)』・・・・「【嗚咽】の後に、、」
『阿修羅の・・・【鬨】(とき)』・・・・「【嗚咽】の後に、、」
『平成17年(西暦2005年):奈良:国立博物館』

 昨年九月、国宝及び世界文化遺産の○島神社の社殿は・颱風災害によって甚大な被害を、受けた。
 国からの補助は「新潟中越地震」で、二の次に回され、自力復旧に苦慮していた時、奈良博物館から・ひとつの申し出が、あった。
 当社の平家納経等の『宝物』の展示依頼で・ある。
・・・・こんな時に、、、と、思った。読売新聞共催で、奈良と東京で「展示」したいとの要請だ・・・・。
 出展依頼品は、当神社の「国宝」の殆ど【全て】に・及んだ。
 その時、奈良博の館長は言われた。
 『収益の一部を・・・どうか、復旧資金に・・・』、、、、と。・・こうして、【○島神社国宝展】は、始まった・のだ。
 奈良での開催が無事に終わり、三月二十五日からは東京芸大で・開催される。
宮司・学芸部長・そして私は、「御禮」の為、奈良に向かった。

 奈良博物館では、四月十二日から「山口県立美術館」で開催される【興福寺国宝展】への貸し出し準備で、大わらわだった。

 その時私は、始めて館長の○山氏にお会いした。
○山氏は、小川未明の『仏教童話集』を読まれて成長された・・。ご両親が「病弱」だった氏のために買って・くださった・のだ、そうだ・・・。
 私は氏にお会いして、なにか・同じ「匂い」を感じた。たぶん、それは・・・本来「僧侶」となるべくして生まれながら・・・何故か、【出家】せず・横道にそれた・・・そんな「思い」を抱く者の『先達』(先輩)と、感じた・・・と言う意味・だ。

「『阿修羅』像は、出展・されないのですか?」
 私は、不躾にも・訊いた。
氏は破顔されて、言われた。「今回は、『鎌倉復興期』ですから・・』
そう・なのだ。治承四年(1180年)、南都(奈良)を炎上させたのは、他ならぬ【清盛】の息子【重衡】なのだ・・・・つまり、「うち」の身内が、放火犯なのだ・・(正確には、【南都】を灰燼に帰したのは、当時の検非違使の『○○』氏で・ある。清盛の父【忠盛】の家臣だ・・・(当社には、その子孫の方が、実際に「在職」されている。たかだか八百年足らずの歴史は、我々の【家系】では・特別では・ない)。
 天平時代に造られた【阿修羅】は、何故か・南都(奈良)炎上のたびに・何度も「救出」されて・現在に、到るのだ。・・・
 「・・・燃やすに、しのび無かった・・のですかね?」
 私は、なかば・ふざけて・訊いた。氏は学者らしく、直截に・答えられた。
 「怖かったんでしょ・・封印を解く事になるのが、、。」
 「えっ?、、、阿修羅像・の、ですか」
 「そう、レントゲン写真で分かったんですが、阿修羅像には、何本も【釘】が打ち込まれています。」

 驚いた!!
 法隆寺の【秘仏】とされ・明治になってファノロサが夢殿から「引きずり出す」までは、見ることを許されなかった【救世観世音菩薩】は、【聖徳太子】の『形代(身代わり)』とされた「御仏」で・ある。恐るべきことに背後に「付け」られるべき【光背】が、【頭頂】から・釘で「打ち付け」られて・いる。・・・・つまり、脳天から 釘刺して【封じ込め】て・ある、のだ・・・・。一族郎党を「皆殺し」にされた太子の【呪い】を、畏れるあまり・・・・。

「その上、阿修羅の【片目】は、潰して・あるんです。一度・虹彩 (「目」の中の光の点)を白く入れたあと、わざわざ・また墨書(スミで塗りつぶす)して・あります。」
・・・・・・・私は・この時始めて、阿修羅のモデルが【称徳帝】であり、古史古伝の「蝦夷女王」かも・・という説を・聞いた、のだ。
 そして、氏は遠くの空を・・・その一点を空漠と見上げながら、、言われたのだ。
 「ご存知でしょ・・・・・『正法念処経』を。『もし・人・五逆非道を犯せし【時】来たりなば、既に功徳力絶えて、我・汝に、及ばん。汝、天上に駆け上り、地を震わせ、日を翳らせ、月を討ち、四海悉く、大地を洗うであろう・・・・。いまだその【時】に・非ず。』・・・って。
 今、親が乳飲み子を殺し、子が親を殺し、孫が祖父母を殺し・・・まさに『末法』のその【時】では、ないかって。【地を震わせ・四海が大地を洗う 】。・・そう、思われませんか?・」

 氏は、そう言われた。

・・・・・・私は、ただ、暗い鉛色の夜空の、蒼白い【月】を・見ていた。・・・・・「人」に「いのち」を与えた者である【Asu/ra】が、正義の名のもとに堕落した「人間」を罰する【A/sura】、、、《阿修羅》・・と、なって、再び天上界に駆け上がり、今度こそ、・・・・・。

  ・・・・・女の眉のように細い「月」は、阿修羅の【半月刀】のように、蒼白く凛然と、無気味に光り煌めいて・・見えた。
 

2005/3/25   1:28   アジア(海外)にて

小説系日記

つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています