日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(95)
元気系(4)
恋愛系(25)
子育て系(1)
自慢系(2)
グチ系(2)
オシゴト系(1)
映画系(9)
音楽系(1)
スポーツ系(2)
今日の一句系(2)
ポエマー系(14)
小説系(348)
秘密系(8)
社会派系(65)
不幸系(19)
オトナ系(8)
今日の日...
悪のりし...
ルパン三...
初めて、...
或種の、...
葵ちゃん...
【小さな...
日常の中...
『山本五...
『老将軍...
天動説的...
どこか、...
葵ちゃん...
『月の名...
『如月の...
『睦月の...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 齊木魯烏(チム・ルウ)さんの日記「『【阿修羅】の・・・嗚咽』・・二」
齊木魯烏(チム・ルウ)
齊木魯烏(チム・ルウ)とりあえず系元気系恋愛系子育て系自慢系グチ系オシゴト系
映画系音楽系スポーツ系今日の一句系ポエマー系小説系秘密系
社会派系不幸系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆62才 1955(昭和30)年7月24日(獅子座) A型 広島在住 アジア(海外)勤務 広島市近辺出身 専門職 文系大学卒 年収 800万円以上 不定期休み 一人暮らし 独身 ◆離婚×1 ◆子供3人 車有り お酒を飲める ◆/細身体型 / 黒髪 黒目 グレー肌 ギャンブルしない
◆趣味・興味: 映画/ビデオ, 酒/ワイン, 博物館, 美術館, 猫系
作家QRコード
作家QR
 コード 
■□■いつか、 …
きっと、 …
、 、 でも、
 
2017年11月
   1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  

→最初の日記
→全部で606日記

『【阿修羅】の・・・嗚咽』・・二
『【阿修羅】の・・・嗚咽』・・二
「七三四年(天平六年):平城京:興福寺」編・・・【第二話


称徳女帝は、愛する道鏡を重用し、専政政治を行う。

 神護景雲3年(769年)、「道鏡が皇位に就くべし」との宇佐八幡の託宣を受けたとして、道鏡を【皇太子】にしようと計るが、和気清麻呂が勅使として再度・宇佐八幡の神託を受け、これを一命を賭して阻止する。
 清麻呂は、称徳天皇の怒りを買って大隅国へ配流される
が、翌年・称徳天皇は天然痘で死去し給う。道鏡は失脚し、下野国に・失意のうちに配流される。

 称徳帝は・生涯独身で子を成さず、他に「天武天皇」の子孫たる親王、王がなかったため、正統の【天智系】の白壁王(光仁天皇)が即位される。

・・・いわゆる、『古史古伝』と称される歴史書によれば、称徳天皇は蝦夷の出身で、大野東人の率いる朝廷の軍隊が蝦夷に大敗した際に、講和の条件として、蝦夷の王女であった彼女が次期天皇となる旨の一条があり、その結果、彼女が聖武天皇の後を継ぐことになったという。
もしこれが、「真実」なら、彼女は、聖武帝の・そして光明皇后の『実子』ではなく、占領された「蝦夷」の血を引く【縄文系】の顔を・していた・・筈なのだ。
少なくとも、弥生系の「公家」顔ではなかった・・・、あの【阿修羅】の面影のように。

また、一説では、彼女が奈良に入った際に持参金として持ち込んだ膨大な黄金が、東大寺の大仏建立に用いられたともある・・・が、真偽のほどは定かではない。
 
 因みに我が国では、天子の「謚号」(おくりな)に、【徳】を有する 帝は、例外なく「怨み」を持って崩御されたと畏怖された天皇で・ある。

「仁徳」帝::「孝徳」天皇::「崇徳」上皇::「安徳」天皇::そして、「聖徳」太子・・・・と。

 天皇の「血」を受けず、皇統の「血なまぐさい」争いに巻き込まれ、女性として幸薄い「一生」を送らざるを得なかった【阿部】内親王を、思う時・・・・私は、「闘い」と「愛憎」の狭間で綴られた五千年前の「もう一つ」の【物語り】を、想起得ざるを得ないのだ。


・・・・・他でもない 古代インド、『バラモン教』に登場する「正義」の神と、その娘【舎脂】の物語りである。
 舎脂は、理不尽にも「力の神」に強奪され、犯され、幽閉される。
激怒した父神は、「力の神」に無謀にも闘いを・挑む。破れるコトは明白なのだが、・・つまり「正義」は「力」に・及ばない・のだ・・・彼は、挑み続ける。愛する【愛娘】の為に。
・・・・・その「父神」こそ【Asura】(「阿修羅)神であり、理不尽な「力」の 絶対神こそ【Indrah】(インドラ神)つまり、『帝釈天』に他ならない・のだ。




   次回::『紀元前三千年:古代インド:「ヴェーダ神話」:インドラの闘い』編・・に、

                    ・・・・・【続く

2005/3/22   2:32   アジア(海外)にて

小説系日記

マエの話へ
つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています