日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(95)
元気系(4)
恋愛系(25)
子育て系(1)
自慢系(2)
グチ系(2)
オシゴト系(1)
映画系(9)
音楽系(1)
スポーツ系(2)
今日の一句系(2)
ポエマー系(14)
小説系(348)
秘密系(8)
社会派系(65)
不幸系(19)
オトナ系(8)
今日の日...
悪のりし...
ルパン三...
初めて、...
或種の、...
葵ちゃん...
【小さな...
日常の中...
『山本五...
『老将軍...
天動説的...
どこか、...
葵ちゃん...
『月の名...
『如月の...
『睦月の...
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 齊木魯烏(チム・ルウ)さんの日記「『懺悔の値打ちもない・・・?』■1■」
齊木魯烏(チム・ルウ)
齊木魯烏(チム・ルウ)とりあえず系元気系恋愛系子育て系自慢系グチ系オシゴト系
映画系音楽系スポーツ系今日の一句系ポエマー系小説系秘密系
社会派系不幸系オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆62才 1955(昭和30)年7月24日(獅子座) A型 広島在住 アジア(海外)勤務 広島市近辺出身 専門職 文系大学卒 年収 800万円以上 不定期休み 一人暮らし 独身 ◆離婚×1 ◆子供3人 車有り お酒を飲める ◆/細身体型 / 黒髪 黒目 グレー肌 ギャンブルしない
◆趣味・興味: 映画/ビデオ, 酒/ワイン, 博物館, 美術館, 猫系
作家QRコード
作家QR
 コード 
■□■いつか、 …
きっと、 …
、 、 でも、
 
2017年11月
   1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  

→最初の日記
→全部で606日記

『懺悔の値打ちもない・・・?』■1■
『懺悔の値打ちもない・・・?』■1■
 沢木耕太朗氏の『不思議の果実』の中に、フィクションとノンフィクションの世界を往き来した【ガルシア・マルケス】の、こんな話が出てくる。
 「たとえば、象が空を飛んでいると言っても人は信じてくれない。しかし、四千二百五十七頭の象が空を飛んでいると言えば、信じてもらえるかもしれない。」
 沢木さんは書いている。「ノンフィクションを書くという行為も、いつくかの固有名詞、いくつかの数値で、危うくリアリテーを繋ぎ留めつつ述べていこうとする、虚実の上の綱渡りのような行為なのかもしれない」・・・と。

 私は弁解しているのでは・ない。懺悔して、いるのだ。
弁解は「不慮の失態」に関する言いわけだが、懺悔の場合、罪悪を「自覚」して告白すること・だから。

 「マーク・トウエイン」こと 、サミュエル・ラングホーン・クレメンスが、『アダムとイヴの日記』(旺文社文庫・1979年重版)の元となる『アダムの日記抄』を発表したのは、1904年四月のことだ。二ヶ月後、この年の【6月5日 】の夕方、彼の妻である、オリビア・クレメンスは亡くなって・いる。
この時マーク・トウエインは69歳だった。妻オリビアとの結婚は1870年で、34年間の夫婦生活だった。二年後、彼は妻を偲んで『イヴの日記』を・1906年6月、妻オリビアの「命日」に発表する。・・・・


 一方、「オー・ヘンリー」こと、ウィリアム・シドニー・ポーターが『賢者の贈り物』を発表したのも、(確認出来なかったが)1904年の筈だ。彼はこの年、66編の『短編』を発表している。翌年の1905年が54編。彼が発表した全272編の短編の約半分が、この二年間で「発表」されたのである。
 今、手元に無いが【旺文社文庫】のマーク・トウエイン『アダムとイヴの日記』の巻末・解説に
 「この年のクリスマス、オー・ヘンリー が「ニューヨークタイムス」紙上 に『賢者の贈り物』を発表。」とあった記憶が・ある。・・・
 オーヘンリーは1902年にニュヨークに移住。精力的に『短編』を発表し続けた。
 因みに「ニューヨーク・タイムス」は1851年の創刊 である。

  だが、オー・ヘンリー も、決して順風満帆の人生を送った訳では・ない。
銀行員だった彼は、1896年(33歳の時)銀行の公金を勝手に流用し、「横領」の訴追を受け拘留されるが、「妻の病気」を理由に仮釈放。そのまま中米のホンジェラスに逃亡。1897年一月、妻 のアソルは、8歳の長女マーガレットを残し病死。
その報に接し、ウィリアム・シドニー・ポーター(後の「オー・ヘンリー」)は、自首している。妻のアソルは、享年29歳・だった。・・・・
7年後、「オー・ヘンリー」は、『賢者の贈り物』を発表する。

  つまり、私の記憶が正しければ、『賢者の贈り物』と、『アダムとイヴの日記』(少なくとも・元となった『アダム日記抄』)は、いまから丁度、100年前に「発表」されて・いる。  
作品としてはともかく、「妻」としては、オリビアの方が ・幸せ・だったように、見える。

 だが、ホントウにそう・だろうか?

 29歳で死去したアソルは、20歳で結婚。最初に預かった長男は生後すぐに天に召され、長女を出産後・病床に臥し、夫の逃亡中に、8歳の我が子に「看取られ」ながら、死んでゆく「彼女」を、思う時・・・、私は、「オー・ヘンリー」の作品全般に、亡き「妻」への・声に為らない静かな嗚咽のような「震え」を・感じてしまうのだ。『最後の一葉』の、風に震える「希望」のような・・・・。オー・ヘンリーの妻アソルは、夫の『短編』を一編も・読んで・いない。
だが、私は思うのだ。
彼の作品の「デラ」のように、夫「オー・ヘンリ」が残した272編の短編全部が、「ジム」の妻への髪飾りのプレゼントのように、アソルへの『賢者の贈り物』だった・のかも、しれない・・・・と。
 短期間で優れた短編を発表し続けた「オー・ヘンリー」こと、ウィリアム・シドニー・ポーターが、肝硬変と心臓病で、急死したのは、49歳の時だった。流行作家として「むち打つ」ように、或いは「自責」するようにアルコールを浴び、執筆活動を続けた結果だった。 
享年49歳。【1910年:6月5日】・・・・、奇しくも、マーク・トウエインの最愛の「妻」オリビア・クレメンスの【命日】と・同じ、である。

 マーク・トウエインが死去したのは、それに先立つ二ヶ月前の【1910年:4月21日】。享年75歳。妻が死去して6年、妻の為の『イヴの日記』を上梓して、4年後・・・のコトだった。

【続く】 

2004/12/25   09:27   アジア(海外)にて

2004/12/25   9:27   アジア(海外)にて

小説系日記

つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...つながり >1 ...つながり >1 ...つながり >1 >2 >3 ...日記QRコード
つながってる???アイテム
不都合な真実
不都合な真実 (書籍/雑誌)
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています